FIKSENTお知らせBLOG

HOME» FIKSENTお知らせBLOG »フォルムコントロール【髪質改善】

FIKSENTお知らせBLOG

フォルムコントロール【髪質改善】

髪質改善には各サロンや技術者によって、色々な定義がある

 

のでFIKSENTのフォルムコントロール【髪質改善】についてご

 

明いたします。

 

 

【還元剤】ってご存じですか?そうです。辞書で引くと、

 

酸化に対し、酸化物から酸素を取り除く事。

 

更に広く、物質が水素と化合する事。

 

とあります。この原理を利用します。

 

 

まず、髪の毛は大きく4つの結合から出来ています。

 

 

水素結合

 

水素結合は、水に濡らすと簡単に切れますが、乾いたらすぐに

元に戻ります。ヘアカットの時に髪を濡らすとやわらかくなっ

たように感じるのは、水素結合が切れるからといわれていま

す。寝癖や髪を伸ばすときに行うブローなどに関係していま

す。

 

イオン結合

 

イオン結合は髪が弱酸性と言われるPH4.5~5.5の時が一番状態

が良いとされていますが、熱や髪の状態などによって切れた

り、再結合します。パーマやカラーの時にアルカリ剤を使うた

め、アルカリ性に傾くのでイオン結合が切れて傷むことがあり

ます。

 

シスチン結合

 

シスチン結合は、パーマで利用します。薬剤によって結合を切

 

り、結合させることによりパーマがかかります。この際、アル

 

カリが残ったり、結合不足が起きるとダメージにつながりま

す。

 

ペプチド結合

 

ペプチド結合は、髪の命ともいえる結合です。最も大事な結合

で、一度切れると元には戻りません。枝毛はこの結合が切れた

所に起こります。

 

 

これらの状態をしっかりと見極めたうえで、先ほどの還元剤の

 

特徴である水素と化合するという性質を利用して必要な処理剤

 

を混ぜることにより、髪の質感をコントロールします。

 

シルクエステストレート【髪質改善カラー】

 

カラーの際に還元する力を使い、カラーと同時にフォルムコン

 

トロールを行う事が出来る、シルクエステストレート。

 

 

原理は、カラーリングをすると、髪の毛に色を入れる際に、髪

 

の毛の表面キューティクルを開く為、オキシドールと呼ばれ

 

るアルカリ剤を使用します。もしかして、アルカリによって開

 

かれた髪内部への道を上手く利用して必要な成分をいれられる

 

のでは?

 

 

そうです!還元剤自体は弱酸性で髪内部に処理剤を届けたら消

 

えてしまうので、必要な処理剤をカラーリングをしながら浸透

 

させることが出来るというわけです。

 

最後に、トリートメントとの違いです。簡単に言えば、

 

【髪質改善】は目に見えない質感や扱いやすさ【ボリュームコ

 

ントロール】に重きを置いています。

 

トリートメントは圧倒的に目に見える部分。

 

艶感であったり、触り心地の部分を補ってくれます。

 

同時に行うのが一番です。少し毎日のブローを楽にしたい

 

なと言う方、いくらブローやトリートメントをしても

 

上手く艶が出ない方。是非一度、ご相談下さい☆

 

2017/08/26